手相占いに行ってきました!

テレビやインターネットで良く見かける手相占い。
「その線ってこれのこと?」「じゃあこの線は何?」など、素人には正直なところ正確な診断はできません。
そこで一度は行ってみたかった手相占いに行ってきました。

こんなお店です

何度か前を通りかかったことがあるのですが、いつもかなりの行列ができていました。
芸能人が訪れた際の写真がたくさん飾ってあり、当たると評判の有名なお店です。
列に並ぶと2時間は軽くかかってしまうので、開店する11時の30分前に行くことにしました。
まだ誰も並んでおらず一番乗りですぐにみてもらえました。

こんな占い師です

ひらひらの長いワンピースを着た小太りで年配の女性でした。
髪型はソバージュで真黒。大きな指輪も付けており、一見、どこかの社長さんかと思いました。
しかしとても気さくで話しやすく、こちらの質問に答えてくれる形で進んで行きました。

こんな占いです

30分3000円の相場通りの金額でした。
手相と合わせて生年月日による四柱推命もみてくれました。
年末にお伺いしたのですが、翌年の3月末での退職する予定になっていました。
占い師の方のアドバイスでは「退職は6月まで待った方がいいよ」とのことでした。
しかし辞表も提出済みで、予定通り3月末で退職しました。
そしてその後就職活動をしていましたが、なかなかうまくいかず内定をいただいたのが6月の半ばでした。
内容が当たっていたのかは不明確ですが、「6月」というキーワードはドンピシャでした。

何を占って欲しいのかを明確にしておく

手相占いと一言に行っても、生命線、感情線、知能線、結婚線など様々です。
決められた時間の中で、自分の欲しい答えをもらうには効率よく質問しなければなりません。
占い師もあなたが何を知りたがっているのか、あなたの言葉からしか判断できません。
心を見透かせる占い師の方は例えいたとしても一握りです。
自分の意志表示をしっかりとして、意義のある占いにしましょう。