お店にたくさんの在庫があって困っているという経営者も少なくないのではないでしょうか。

新しい商品を入れて棚の中を一新したいのに、在庫があってできない。
月末や決算で現金の整理をしたい。

このようなタイミングになったら、買取業者に依頼して在庫を買い取ってもらいましょう。在庫処分ができればお店の棚も一新でき、現金も手に入れることができます。

★ 在庫処分とはどのようなことか

在庫処分多くのお店ではたくさんの在庫を抱えているかと思います。それらの在庫は売れなければ売り上げになりません。また、長いこと古い商品が棚に並んだままだとお店の印象も悪くなってしまいます。

新商品が発売されるタイミングであったり、月末や決算期などのタイミングで定期的に在庫処分をしていきましょう。

「処分」と言っても捨てるわけではありません。お店が仕入れたものをただ単純に捨ててしまってはお金になりません。法人を相手に展開している買取業者に依頼して本来の値段よりも安く買い取ってもらいます。

売れ残ったままになっているよりも、少しでも現金になった方がお店としても助かります。

★ 買取業者に依頼する

在庫処分をするのであれば、買取業者に依頼するようにしましょう。いらなくなった在庫を買い取ってくれる業者はたくさんあります。少しでも在庫を現金に変えるためにも、そのような業者を活用しましょう。

値引きセールなどをして在庫処分をしているお店もありますが、それだと「安売りしているお店」というイメージができあがってしまい、ブランドの印象を悪くしてしまいます。在庫処分は買取業者に買い取ってもらった方が無難です。

★ 在庫処分のメリットとデメリット

在庫処分を考える女性お店の商品は売れないまま棚に残っているだけでは赤字にも黒字にもなりません。そこで在庫処分をすることで、棚に残った売れ残り商品をお金にすることができます。

買取業者に買い取ってもらったことによって、赤字であることが判明してしまうこともあります。けれども少なくとも現金の収入は入ってきます。お店の経営を考え直すきっかけにもなるかもしれません。

★ 依頼するにはどのような業者がいいか

法人を相手にしている買取業者を探しましょう。インターネットなどで検索し、「在庫処分に対応」などのキーワードが書かれている業者であれば在庫を買い取ってもらえます。

「〇〇社さまより□円で買い取った△△です」などの記載がホームページにあったらその業者は要注意です。自社から買い取られたものであることが周囲にバレてしまいます。在庫処分をしていることなどが競合他社に知られてしまうのはお店の経営のためにもよくありません。

買取業者によって取り扱っている商品も異なるので、自分のお店の在庫を引き取ってもらえるかどうかをあらかじめチェックする必要があります。

★ 買取の流れ

最初に無料見積もりがあります。電話やメールなどで申し込めます。基本的に買取業者による見積りは無料です。業者に持っていくこともできますが、基本的には出張見積もりになり、業者さんにお店まで来てもらうことになります。

そして査定をしてもらい、査定額に納得できたら買取が成立します。在庫を業者に引き取ってもらい、お店はお金を手にいれることができます。ここで納得できない場合キャンセルすることも可能です。

在庫処分をすれば、お店の中の棚を一新することができます。法人向けの買取業者を利用して、売れ残っていた在庫を一気に処分してしまいましょう。